パテックフィリップの歴史

高級時計ブランド「パテックフィリップ」は1839年にスイスで設立された歴史あるブランドです。2人のポーランド人、アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックによって創業されました。創業以来、独立した家族企業として経営を成功させてきた珍しい会社としても有名です。パテックフィリップは、「ヴァシュロン・コンスタンタン」、「オーデマ・ピゲ」とともに世界三大時計ブランドとして世界中で認識されており、名だたる有名人がコレクターとして名を連ねています。日本では三大時計ブランドの中でも、知名度・人気共に頭ひとつ飛び出た存在です。パテックフィリップ社では、どんなに古い時計でもパテックフィリップ社のものであれば修理することができるとする「永久修理」を宣伝しているため、「パテックフィリップの時計は一生もの」というブランドイメージを構築することに成功しています。ですので、ビジネスマンや有名人が、一つの成功の証として購入することも多い特別なブランドです。パテックフィリップ社では、製作記念台帳に全ての購入者を記録しており、その中にはイギリスのヴィクトリア女王、オーストリアのエリーザベト王妃、アインシュタイン、ワーグナー]、チャイコフスキー、トルストイ、ウォルト・ディズニー、クラーク・ゲーブルなどなど様々な歴史上の人物や有名人の名前があります。特に、1851年、イギリスのヴィクトリア女王がブローチ型の懐中時計を購入したことによって、パテック・フィリップの名声が一躍広まったとされています。世界一高価な腕時計を販売するマニュファクチュールとしても知られていますが、価格は低価格帯のものでも200万円から300万円するのは当たり前で、特別なコレクションになると1億円や3億円を超えるものも定期的に制作されています。パテックフィリップの時計が他のブランドと少し違うのは、ダイヤや宝飾品がこれでもかとセッティングされているから価格が高いというわけではありません。歴史ある完璧なタイムピースと、技術やノウハウ、職人達の能力の集積のみによるものが大きいとされています。ピュアで無駄を排したフォルムを持つパテックフィリップのタイムピースは、常に他の時計ブランドからデザインの模範とされてきています。これらのモデルは、ディテールにわずかな変化を加えつつ、過去・現在・未来にわたってクラシックとしての地位を保持して行くでしょう。