パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEノーチラス・アクアノート・カラトラバ買取

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEを買取して欲しい。いま、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEの中でも、ノーチラス・アクアノート・カラトラバが一番持ち込み率が多いということです。

ノーチラス・アクアノート・カラトラバ

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEを知っている人たちは、当然ノーチラス・アクアノート・カラトラバという種類に注目していることでしょう。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEカラトラバは、1932年に誕生したドレス系ウォッチの完成形と言っていいでしょう。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEアクアノートは、1997年に誕生し、カジュアルな感じがとても人気です。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEノーチラスは、1976年に時計デザインの巨匠ジェラルド・ジェンタ氏によって誕生しました。
フォーマルとカジュアル両面で利用出来そうな時計ですね。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEノーチラスが誕生したことで、実用的なラグジュアリースポーツウォッチというジャンルが誕生することになります。

ノーチラス、アクアノート、カラトラバを実際に買取してもらった

実際にノーチラス、アクアノート、カラトラバを買取してもらえば、どの程度の買取価格を期待することができるのでしょうか。

中古Aランクのパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEカラトラバをある買取ショップで査定してもらえば、5196G-001は120~130万円、5119R-001は130~140万円、5146P-001は320~350万円という価格だということです。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEノーチラスは、5711/1A-010450が~480万円、5712/1A-001400が~430万円、5990/1A-001550が~580万円という査定価格です。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEアクアノートは5167A-001は200~230万円、5167/1A-001は200~230万円、5164A-001は280~320万円です。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、プレミアがつくことで買取価格が定価を超えることまで期待することができます。 ノーチラスの5711/1A-010青文字盤なんて結構期待出来るパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEではないでしょうか。

その他にも、定価に近い買取価格が付いた時計はいくつもあります。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、ブランド自体、希少性が高いから他の高級時計と比較しても、かなり高い買取価格を期待することができます。